水曜日, 2022年5月25日

営業代行の契約をする前に把握しておきたいこと

営業代行の契約をする前に把握しておきたいこと

複数社の営業担当者のスキルや経歴を確認しよう

営業代行を専門とする会社と契約する際は、複数社の資料を参考にしながら営業担当者のスキルや経歴をチェックすることが大切です。特に、短期間で顧客獲得や収益のアップを目指したい場合は、有名企業で長く営業経験を持つスタッフが揃っている会社を契約先の候補に入れると良いでしょう。最近では、固定客だけでなく新規の顧客も安心して依頼できるよう、主な営業担当者のプロフィールを公開したり、契約前に無料で相談を受け付けたりしている会社も多くあるため、早いうちから気になる会社にコンタクトを取るのが有効です。なお、目的に合ったサービスを受けるために、各社の営業担当者が得意とする業務の内容や過去の対応事例にも目を向けることが重要です。

将来的にどの程度コストが掛かるのか計算しよう

営業に関する業務を外部の会社に委託するにあたっては、無駄な出費を最小限に抑えるために、将来的にどの程度のコストが発生するのか調べておく必要があります。多くの法人顧客を抱えている営業代行会社の中には、オンライン上で営業代行に関する見積もりを出してくれるところも多いため、余裕を持って評判が良い会社の料金相場を把握しておきましょう。会社によっては、新規の法人顧客を対象に数か月間のお試し期間を設定しているところもあり、リーズナブルな料金で基本的なサービスを利用することも可能です。その他、繁忙期や土日祝日に対応を任せる際は、通常よりも料金が高くなったり、担当者が少なくなったりすることもあるため気を付けましょう。

営業代行とは、企業や個人などのクライアントに代わって、営業を行うサービスです。業務内容としては、テレマーケティングなども含まれており、顧客開拓や商談サポートなど多岐に渡ります。

Back to Top