水曜日, 2022年10月5日

使える電気製品を自分で作る!自作の際の注意点は?

使える電気製品を自分で作る!自作の際の注意点は?

特に資格や許可は必要ない

電気製品を自作する場合、特別な資格は必要ありません。中には電気工事士の資格を持っていないと、電気製品の自作はしてはいけないのではないかと思う人がいるかもしれません。しかし、電気工事士の資格が必要なのは、コンセントの奥に関する作業をする場合です。そのため、電気製品を作ることは誰にでもできます。また、完成したものを自分で使用するのであれば、許可は必要ありません。ただ、自作した電気製品を誰かに販売するのであれば、許可が必要なので注意しましょう。

自身の技術力に見合った作業を

電気製品を自作する場合には、自身の知識と技術に見合ったものを選ぶ必要があります。自作できる電気製品の種類は非常に数多く、道具さえ用意すればありとあらゆるものを作ることが可能です。しかし、複雑な電気製品を作るのであれば、ある程度の技術力や、電気回路やプログラミングの知識なども必要となってきます。そのため、最初から難しいものを作ろうとしても、完成まで辿り着けない可能性が高いです。したがって、最初は簡単なものから作り始めた方が無難でしょう。

火事や感電を起こさないよう注意

電気製品を自作する際に注意しなければならないのは、火事や感電などの事故を起こさないことです。特にコンセントに繋ぐタイプの電気製品を作る場合は、配線を少し間違えるだけでもショートして、火花が出てしまいます。そのため、通電する際には、間違いがないかどうかを確認することが大切です。また、使用する道具が、絶縁性能を持っているかどうかをしっかり確認しましょう。

プリント基板設計の仕事は大別すると基本的な設計と細かい部分の修正作業があります。どちらも基板作りの重要な工程なので、電子工学の専門知識が欠かせません。また、基板設計の経験も重視されます。

Back to Top