日曜日, 2022年12月4日

倉庫のレイアウトやカビ対策について解説!

倉庫のレイアウトやカビ対策について解説!

効率的な業務の導線を考えた倉庫のレイアウト

倉庫のレイアウトを考えるときは、倉庫の広さを最大限に活用できるように、棚やラックを使って商品や作業道具などを置く収納力を意識することも多いかも知れません。倉庫のレイアウトは、もちろん収納について検討することは大切ですが、さまざまな工程業務の導線をイメージして考えることも忘れてはいけません。収納を重視してしまったために、業務の効率が悪くなってしまうといったこともあるため、収納と業務の導線のバランスを取ることが大事です。

倉庫のレイアウトを検討するときは、自社の商品の入荷から出荷までの業務を頭に思い浮かべてシミュレーションをしてみましょう。商品の入荷や移動、保管までの工程業務において、スタッフたちの作業の導線がスムーズにできるか確認します。そして収納場所だけではなく、検品やピッキング、梱包といった出荷の準備をする作業場所は十分な広さがあるか、といった要素も考慮していきましょう。

換気で通気性を良くする!倉庫のカビ対策

倉庫を借りるときに、必ずしておかないといけないのがカビ対策です。倉庫は構造的に空調効率が悪いため、通気性があまりよくありません。そのため、湿気が溜まりやすいです。湿度の高い状態をそのままにしておくと、気がつくと倉庫内にカビ菌が充満して、保管している商品にまでダメージを与えてしまうことにもなりかねません。倉庫のカビ対策の方法のひとつに、換気をして湿気を除去することがあります。換気効率を上げるためには、複数の窓や出入り口を開けて、換気の回数を増やすなど、屋内の湿度を下げて商品の劣化を防ぎましょう。

物流とは物の流れであり、生産者から顧客に商品が届けられることを指します。近年、コンピューター管理により、納品に誤りが起こりにくいうえ、迅速に届けられるようになりました。

Back to Top